今回は、鉄工所工場の塗床改修工事を実施いたしました。
原状、エポキシ樹脂系塗床材を施工されておりましたが、長年の使用により劣化し、油汚れ及び
油の染み込みも激しい状況でした。
既存床材を完全に撤去し、既設床面との取り合い部の段差が生じないように研磨処理にて塗床の厚み分を落とし込みを行います。
仕上げ材として水性硬質ウレタン樹脂平滑工法厚み4~5mmを選定し施工を実施しました。
艶有り仕上げにより、美観性及び性能も向上いたしました。

前の施工事例

工場・プラント

製造工場内塗床改修工事

おすすめの施工事例