今回は、工場の改修工事にて下地処理を実施したのでご紹介いたします。
既存の床は、コンクリートに表面強化剤が施工されている状態でした。
塗床工事を行うにあたり一度、表面強化剤を除去しなければなりません。
なぜなら、表面強化剤は名前の通り、コンクリートの表面を薬剤を塗布することにより
緻密な表層に仕上がっています。この状態で塗床材を施工すると密着性が悪いため
早期剥離や割れの不具合が発生します。㈱テンマでは、下地処理に重点を置き、
十分な下地処理を実施し、品質を保っております。

Before

navigate_next

After

前の施工事例

商業施設

店舗内天井塗装工事

次の施工事例

商業施設

店舗内通路のゴムチップ舗装工事

おすすめの施工事例