今回は、大型倉庫の塗床改修工事を実施いたしました。
既存は、無機質モノリシック系床材フェロコンが施工されており、
日々のメンテナンスとして施主様が簡易的な塗料を塗り重ねている状況でした。
日々の使用により床材が摩耗し、フォークリフト走行によりコンクリートも
凸凹と劣化が進行している状況でした。
適切な下地処理を実施し、8工区に工区分けを行い、毎週土日にて施工を実施。
仕上材は、水性硬質ウレタン樹脂6mm+専用トップコートを選定し、施工。
施工後、コンクリートの凹凸が無くなり、日々の業務の向上に繋がり満足頂いております。

navigate_next

コンクリート劣化状況

コンクリート劣化状況

navigate_next

前の施工事例

工場・プラント

食品製造工場塗床改修工事

おすすめの施工事例