工場や施設の塗床工事を手がけるテンマで一緒に働きませんか?

 

このコロナ禍で、世帯年収の低下や失業など暗いニュースが連日のように取りざたされています。これから10年、20年先には、いったいどんな社会になっているのでしょうか。

一つ言えることは、何かしらの「技術」や「経験」というルーツをもっているほうが、しなやかな働き方・生き方ができる、ということです。


最近は人間の仕事が人工知能(AI)に奪われるという話もありますが、機械ではできない技術や経験値があれば、一生を通じて働けます。そのような長い目で見た上でメリットがあるのが、工場や施設の塗床工事です。




■テンマでは現場の施工管理者を募集中です!



大阪府東大阪市に拠点を置き、関西圏を中心に塗床工事を手がけているテンマでは、現在、塗床工事の施工管理者を募集しています。

担当する現場は、大手メーカーの生産施設や自動車整備工場、医療・福祉施設、教育文化施設、大型商業施設、店舗、環境関連施設など。


仕事の工期は施設にもよりますが、1日で終わるものもあれば半年近くかかるものも。施設規模に応じて、数名から、協力会社の職人と力を合わせて30名余のチームを組むこともあり、高品質で安全な工事を進めていきます。


施工管理業の経験者の方ならご存じだと思いますが、施工管理の仕事は現場を取りまとめるだけでなく、クライアント様から問い合わせをいただいた場合の対応や現場調査や打ち合わせ、見積もり作成や安全書類・報告書の作成などデスクワークも発生します


未経験でもやる気がある方なら大丈夫。先輩に教わりながら業務の進め方を学んでもらいます。もちろん経験者は即戦力として、まずは小規模な現場に入っていただき、ステップアップをめざしてもらえればと思います。




■働き方の自由度が高く、リモートワークの環境も整備



とかく泥臭い印象をもたれる建築業界ですが、テンマは働きやすい環境を整えることで、業務効率をアップさせるというポリシー。各種保険は完備しており福利厚生も充実、資格支援取得も応援しています。


休みが取りやすいのも特徴で、希望休というかたちで週休2日制にしており、たとえばお子さんのイベントに合わせて平日に休みを取るといった日程調整も可能です。もしも休日にどうしてもはずせない仕事が入った場合は、きちんと代休を取っていただきますのでご安心を。


休憩時間も自分で決められるので、何かに縛られているという感がなく、のびのびと働けるといった声も。現場の直行直帰もできるため、効率的に時間を使えてプライベートを充実させられます。さらに案件を切り盛りすることで、より自由度が高い働き方ができるようになります。


リモートワークの環境も整えており、1人1人にsurfaceをもってもらい、会社宛てのファックスも社外で確認できます。報告書などのデスクワークはリモートでこなすなど、効率的な働き方が可能です。




■今、大阪が熱い!やる気のある方、お待ちしています!



テンマは社員5名のアットホームな会社なだけに、親しみやすい環境なのもうれしいところ。


そのテンマが大切にしているのは、心持ち。特に施工管理者は相手の立場で物事を考え、采配できる気配り・目配りが大切です。コミュニケーション力もポイントで、クオリティの高い施工を可能にするとともに、クライアント様から信頼を得ることで、次の依頼案件へとつながっていきます。思いやりがあり、かつ積極的に行動できるリーダーシップがある方は大歓迎です。


大阪は2025年の万博を控え、さらにIR誘致も国の後押しを受けて、もっとエキサイティングなエリアになります。それを支えるのは、ものづくり。私たちテンマの出番です。

この時流をキャッチしてキャリアを築きたい、どこにでも通用する技術や経験を身に付けたいという方は、お気軽にお問い合わせくださいね。